未分類

管理人、NFTアートを買う! 令和の時代の人は絶対触るべき!NFTアートの購入体験!!

今、話題のNFTアートを購入しました!

とても興奮する体験だったので、この興奮を忘れないように書き綴りたいと思います!

はじめに

みなさん、こんにちわ。

本ブログの管理人のRRです。

本日のテーマは「管理人RR、NFTアートを買う」です。

フリーター、家を買う的な心持ちで私、NFTアートを買ってみました。

 

といっても、

Crypto punks

Bored Ape Yacht Club

 

NBA Top Shot

 

ジャック・ドーシーのツィート

 

などなど、ニュースを彩る莫大な金額レベルのものではなく、

NFTのマーケットプレイスの片隅にある作品を細々と購入してまいりました。

 

総額で1万円ちょっとでのお買い物です!

企業の勤め人としては痛い出費です。

とはいえ、購入して感じたことは、

「これはすばらしい購買体験だ~!!」

と、

「いや、完全なる投資的体験だ~!!」

と、思うことができました。

言語化は難しいですが、とてもわくわくする体験をしたので、みなさんにシェアしたいと思います!

では、いってみましょう!

 

NFTとは。。。

最近、良くニュースなどで見かけるNFT。

「え、NFTってなにそれ?」

と思った人はぜひ、この記事を読んで理解を深めましょう!

 

まず、NFTの定義を書いておきます!

NFT(Non-Fungible Token)とは、非代替性トークンと訳されます。

代替不可能なブロックチェーン上で発行された、唯一無二のデータのこと。

デジタル上での資産の鑑定書や所有証明書としての役割を担うことが可能です。

 

ちょっとわかりにくいですよね。

 

個人的にわかりやすかったのが、イケハヤさんの書籍に書かれている解釈です。

ぼくなりの解釈をお伝えすると「シリアル番号が振ってある、唯一無二のデジタルデータ」が一番わかりやすい表現だと思います。特に、今流行っているNFTは「ただの画像だけれども、世界に一枚しか存在しないこと」がポイントです。

引用:「億り人が徹底解説! 初心者向けNFTの入門書」イケダハヤト (著), ARATA出版 (編集)

 

管理人RRが買ったNFT3点

結論から申し上げますと、下の3つのコレクションからNFTを購入しました。

①Rocket Shiba

 

②Byteosaurus

 

③Itadakimasu Man

といった感じです。

どうでしょうか~

  • ①Rocket Shiba
  • ②Byteosaurus

かわいくないですか?

私はこれらのコレクションの中からひとつずつ購入しました!

個人的にはとても気に入ってます!!

 

そして、ひとつだけ毛色が違う作品が一つ。

③Itadakimasu Man

です。

Itadakimasu Manは、世界的にプチレベルで注目を浴びた作品群です。

おじさんが昼飯に食べたものの撮影してるだけの写真で、コレクションの総取引高は約600万円にものぼります!

私自身も少額ですが、2000円でこの画像を買いました。

「おじさんの昼飯画像に2000円すら払うなんて正気じゃねえな、こいつ。。」

と、管理人RRのことを認識すると思います。

それはほんとにごもっともで、私もこんな画像にお金を出すなんてありえないと思っておりました。

とあるニュースを知るまでは。。。

ゴザリくん現象勃発

2022年1月の話ですが、インドネシアで、変なNFT画像が爆発的に取引されているとの情報がこの界隈で話題になりました。

それが、コチラのニュースです。

 

『自撮り1000枚をNFT化し、1億円以上売り上げる ワクチン接種時の写真が人気に』

インドネシアのごく普通の青年ゴザリさんが18歳から22歳までの5年間、ほぼ毎日パソコンの前で撮り続けた自撮り写真をOpenSea(NFTのマーケットプレイス)にNFTコレクションとしてアップしました。

なかなか毎日定点で写真撮る人っていないと思うんですが、ゴザリさんはそれを日々やっていたようです。

詳しくはわからないですが、おそらくゴザリさんは、

「思い出作りにいっちょあげてみっか~」

みたいなノリで1枚350円で販売していました。

記事にもあるように、とあるインフルエンサーがそのNFTを購入!

一気にバズって、一部は一枚35万円の価値がつくNFT画像になりました!

その結果、このゴザリさんの自撮り写真コレクションの総取引額は1億円以上の売上をたたき出しています!

そのボリュームの5~10%くらいはご本人に入っているので、なかなかの夢物語な話になっていますよね!

ゴザリ日本版ミーム「いただきますマン」が爆誕

ゴザリさんのミームとして、このいただきますマンというおじさんが日本で誕生しました。

詳しい経緯はコチラを見て下さい!!

この約2年間の自撮りランチをYouTubeで投稿し続け、登録者がたったの120人の無名のしがないおじさんが、たまたまこのゴザリさんと同じように毎日毎日画像を残していたんです。

このおじさんの画像を使って、ゴザリさんと全く同じネタでNFTコレクションを作ってOpenSea(NFTアートのマーケットプレイス)に出品したんです!

そしたら、日本でもNFT界隈ではバズりました~

という話です!

 

そして、私はというと、自分の暗号通貨ウォレットとOpenSeaの連携した時間と、

このいただきますマンの販売開始時間がほぼ同時刻(朝5:00)でして。。。

 

「なんか知らんがおっさんの絵が売られているな~」

「結構取引されてるや~ん、よくわかんねえけど、俺も買ってみるか、えいポチり」

 

といった流れで購入したのが事の顛末でございます。

そしてこのいただきますマンですが、現在(2022.2月)の取引合計額(転売含む)は20.4ETH!

日本円で約600万円という驚きの価格に!

(今、仮想通貨の価格が下落しまくっているので、安くなっている状態です。。。そんな中でも600万円です。)

 

ミームというギャグ的要素を楽しめる

これって客観的に見て、超意味わかんないですよね。。。

でも、ヲタク的ノリというか、ギャグ的ノリというか、

こういう企画が盛り上がっちゃうのが今の世界的なNFTマーケットプレイスの現状です!

ふつうだったら、こんなおじさんのランチ画像なんてなんの価値もありません。

ですが、NFTを絡めると謎の価値がつく可能性がある。

新興市場にありがちな、既存のルールじゃ説明のつかない評価ってやつですね。。。

NFTの買い方

次にどうやってNFTを買うかという話をします。

 

買い方の詳細は「NFT 購入方法」と、ググっていただければ、めちゃくちゃわかりやすく解説されている記事が出てきます!

なので、ここではステップだけ!

 

前置きとして、購入方法もいろいろなパターンがあります。

今回はメジャーで、かつ、ガチ勢からも一定評価してもらえる「仮想通貨口座をMetaMaskと連携させてOpenSeaでイーサリアムを使って購入」を選択しております!

で、カンタンにステップで説明すると、

  1. 暗号資産(仮想通貨)の口座を開設
  2. 開設した口座でイーサリアムを購入
  3. Metamaskなどのウォレット(暗号資産(仮想通貨)専用の財布)を開設
  4. 仮想通貨の口座とウォレットを連携させる
  5. 仮想通貨の口座からウォレットに送金
  6. ウォレットとOpenSea(世界最大のNFTマーケットプレイス)を連携
  7. 好きな商品を選んで購入!!

といった感じです!

「ちょっと、ステップ多すぎませんか??」

となります。

大変さゆえに買えたときの感動もひとしお

NFTの購入ですが、ゼロから始めると結構大変です。

ですが、大変な分、感動も大きくなる体験になります。

 

ググってみて、いい感じの解説記事を発見して、そこから読み込んで、あれやこれやと作業していきます。

完全素人だった私は、ゼロから始めて合計3時間くらいはかかりましたね。

令和の時代に、ここまでいろいろ作業をしてモノを買うという体験自体が減っているので、昭和の時代に帰ったようで新鮮な気持ちになります。

 

 

リスクも高いです!!

ご存知の方も多いと思いますが、上で述べたウォレットのシークレットリカバリーフレーズ(パスワードとは違う)をウイルスで抜き取ったり、ダイレクトに聞いてくる詐欺師がこの界隈で横行しています。

抜き取られたり、間違って人に教えちゃうと、ウォレット内の仮想通貨を根こそぎもっているかれるので、注意が必要です。

また、ウイルスなどの危険性をおそれて、手書きで紙にパスワードを書いて保存した方が、書いた紙を紛失してしまい、仮想通貨を一切下ろせなくなるといったことも続出しています。

 

「パスワードを再発行してもらったらいいじゃん!」

と、思う方も多いと思うのですが、Web3.0世界の代物である仮想通貨ウォレットはそれはできません。

なぜならだれも中央集権で管理していないからです。

グーグルさんのような、

パスワードを覚えてくれたり、なくしたら、再発行してくれる事業者が存在しないんです。

 

みんな、自立分散型管理なんです。

なので、すべて自己責任です!!

ゆえの自由!

自由と責任は表裏一体なんです!

このあたりの前提理解がないと、この界隈に突入してきてもかなり痛い目にあいます。

なので、もしNFTを買ってみようと思う方がいらっしゃいましたら、ぜひ、前もって勉強して入ってきてくださいね!

まずはcheckNFTがおすすめ

いきなりOpenSeaに登録をしてもいいんですが、初心者はCoincheckNFTがおすすめです!

OpenSeaは基本的に英語です。
Google翻訳かけてもちょっと難解だったりします。
また、初心者を狙った詐欺まがいなことも横行してもいるので、事前知識がしっかりないとリスクがあります。

なので、まずはCoincheckNFTから始めましょう!

おわりに

いかがだったでしょうか?

本日は管理人RRのNFTアート購入体験をシェアさせていただきました。

私自身、初めてNFTアートを買ってみて、だいぶ興奮しています。

まだまだ語り尽くせない体験をしています。

ひきつづき本ブログで発信をしていこうと思っていますので、ひきつづきチェックしていただけると幸いです。

 

また、本記事を見てNFTアートライフを初めて見ようと思った方は、ます仮想通貨口座の開設が必要です。

仮想通貨口座はこちらのリンク先であるCoincheckがおすすめです!

ぜひ、あなたもこの機会にNFTアートのライフを!

時代が変わるテクノロジーです!

キャッチアップしない理由はありません!

ぜひ、一緒にさわりましょう!

 

-未分類