マーケティング 収入UP

本要約 夢と金

こんにちわ、RRです。今回は、芸人で絵本作家の西野亮廣さんが書かれた「夢と金」についてお話しします。この本は一言で言うと、夢を叶え続ける方法を教えてくれる本です。よく「夢かお金か」って議論する人がいますが、西野さんは、夢とお金は一つの塊だと言います。お金が尽きると夢も尽きるからです。だから、夢を持っている人ほどお金の問題に真剣に向き合う必要があるんですね。興味がある方は、ぜひ以下のリンクから本をゲットしてみてください。

【夢と金 Kindle版を購入する】
【夢と金 書籍版を購入する】

重要ポイント3選

  1. お金がないから夢を諦めて犯罪や自死を選ぶ
  2. 商品を高い値段で売る工夫が必要
  3. 機能ではなく意味を売る

ポイント解説

1. お金がないから夢を諦めて犯罪や自死を選ぶ

お金がないことで夢を諦め、犯罪や自殺に追い込まれるケースは多いです。日本の自殺率は世界8位で、先進国の中ではトップ。自殺の原因は、健康問題が1位、貧困が2位です。お金が稼げないことで生活が困窮し、夢を諦めることになります。そのため、お金を稼ぐことがはしたないと考える風潮から脱却し、しっかりとお金の知識を身につけることが重要です。

2. 商品を高い値段で売る工夫が必要

夢を追い続けるためには、お金をたくさん手にする必要があります。そのためには、自分の商品を高い値段で売る工夫が必要です。商品は、メガネの職人ならメガネ、YouTuberなら動画、作家なら本、マッサージ師ならマッサージなど、人によって異なります。これらの商品を他のものより高い値段で売ることができれば、自分のやりたいことを長く続けることができます。

3. 機能ではなく意味を売る

商品の質や技術を上げることは大事ですが、それだけでは高い値段で売れません。大事なのは「意味」を売ることです。商品に「どやれること」や「応援できること」の意味を持たせることが重要です。例えば、ルイヴィトンのバッグは、持っていることで自慢できる「意味」があります。また、矢沢永吉さんのタオルは、応援の意味が込められているため高値で売れるのです。

RR的見解

西野亮廣さんの「夢と金」は、夢を叶えるためにお金の重要性を説いた本です。夢とお金は一体。夢を追い続けるためには、お金を稼ぐ方法を真剣に考える必要があります。お金を稼ぐことは、夢を実現するための手段であり、そのためには自分の商品に意味を持たせ、高い値段で売る工夫が必要です。大事なのは、自分の目的を明確にし、その達成を目指して努力し続けること。夢を諦めないために、まずはお金の知識を身につけよう。

まとめ

「夢と金」は、夢を叶えるためにお金を稼ぐ具体的な方法が詰まっています。以下のポイントを押さえておきましょう:

  • お金がないから夢を諦めて犯罪や自死を選ぶ
  • 商品を高い値段で売る工夫が必要
  • 機能ではなく意味を売る

これらを実践することで、あなたも夢を叶えるための資金を確保できるかもしれません。ぜひ、この本を手に取って、さらに詳しく学んでみてください。以下のリンクから購入できます。

【夢と金 Kindle版を購入する】
【夢と金 書籍版を購入する】

-マーケティング, 収入UP