収入UP 投資

本要約 DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

こんにちわ、RRです。今回はビル・パーキンスさんの『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール』を紹介します。この本は、一言で言うと「お金を使い切って人生を豊かにする方法」を教えてくれるものです。節約や貯金が重要と言われる中で、真逆のアプローチを提案しているんです。さあ、早速始めましょう!

【本を購入するためのリンク】

重要ポイント3選

  1. 今しかできないことにお金を使う
  2. 人生で一番大切な仕事は思い出作り
  3. 年を取ると意外とお金がかからない

ポイント解説

1. 今しかできないことにお金を使う

年を取るとやりたいことやできることが少なくなります。若い頃にやりたいことをリストアップして、そのためにお金を使うべきです。例えば、20代の頃にパリに行きたい、スキーをやりたいと思っていても、60代になると体力的に厳しくなることが多いです。若い頃に使うお金は、経験から得られる喜びや価値が大きいので、今しかできないことに惜しまずお金を使いましょう。

2. 人生で一番大切な仕事は思い出作り

健康寿命を終えた後、残るのは思い出だけです。思い出が豊かなほど、人生の終盤を充実して過ごすことができます。ビル・パーキンスさんは、父親が衰弱した際にiPadにたくさんの思い出の映像を詰め込んでプレゼントし、父親がそれを見て楽しんだと述べています。若い頃にたくさんの思い出を作ることが重要です。

3. 年を取ると意外とお金がかからない

老後のためにお金を貯める人が多いですが、年を取ると体力や意欲が低下し、思っているよりもお金を使わないことが多いです。60代、70代になると金融資産が増えますが、実際に使うお金は少なくなります。今のうちにやりたいことを犠牲にしてまで老後のためにお金を貯めるのは賢明ではありません。

RRの個人的見解

思い出作りが人生で一番大切な仕事だという考え方に共感しました。健康で若い時にしかできないことを積極的に経験し、豊かな思い出を作ることが、後々の人生を豊かにする秘訣だと思います。お金は使わないと価値がないので、今を楽しむために使っていきましょう!

まとめ

ビル・パーキンスさんの『DIE WITH ZERO』は、お金を使い切って人生を豊かにするための指南書です。今しかできないことにお金を使い、豊かな思い出を作り、年を取ってからのお金の使い道を考えることで、より充実した人生を送ることができます。皆さんも、この本を読んで人生を見つめ直してみてください!

【本を購入するためのリンク】

-収入UP, 投資