未分類

本要約 世界一流エンジニアの思考法 著:牛尾 剛

こんにちわ、RRです。

今回は、牛尾 剛さんの著書『世界一流エンジニアの思考法』を要約していきます。牛尾さんは、44歳でマイクロソフトに転職し、一流のエンジニアたちと働く中で得た貴重な思考法や習慣を紹介しています。それでは、さっそく内容を見ていきましょう。

絶対に覚えておきたいこと4選

  1. より少ない時間で価値を最大化する
  2. いきなり手を動かさない、まず情報を集めて仮説を立てる
  3. 1日4時間は1つのことだけに集中する
  4. 分からない時はエキスパートに頼る

ポイント解説

1. より少ない時間で価値を最大化する

生産性を高めるためには、無駄な作業を省き、大きな成果を生む仕事だけに集中することが大切です。これは「80対20の法則」に基づいており、全体の20%の重要な仕事が80%の成果を生み出すという考え方です。

2. いきなり手を動かさない、まず情報を集めて仮説を立てる

問題解決の際には、まず情報を集めてから仮説を立て、その仮説を検証するというプロセスが重要です。手を動かす前に頭を使い、効率よく解決策を見つけることがポイントです。

3. 1日4時間は1つのことだけに集中する

マルチタスクは生産性を低下させるため、1日4時間は1つのことに集中することが推奨されています。これにより、集中力を高め、効率的に仕事を進めることができます。

4. 分からない時はエキスパートに頼る

自分で解決できない問題は、専門家に相談するのが一番の近道です。エキスパートのアドバイスを活用することで、時間の無駄を省き、問題を迅速に解決することができます。

RRの個人的見解

牛尾さんの思考法は、エンジニアだけでなく、ビジネス全般に通じる有益な方法です。特に「仮説を立てる」プロセスは、あらゆる分野での問題解決に役立ちます。

まとめ

今回紹介した『世界一流エンジニアの思考法』では、生産性を高めるための具体的なアプローチが詳しく解説されています。仕事の効率を上げたい方、特にエンジニアの方には必読の一冊です。ぜひ、実践してみてください。

最後に、本書を購入するリンクを貼っておきますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。


【書籍版リンク】 こちらから購入

【Kindle版リンク】 こちらから購入

-未分類