ライティング

文章力を上げたい人必見! 秒で伝わる文章術を要約します!

秒で伝わる文章を書きたかったら、

ポイント

  • 短い文章にしろ!
  • 読み手ファースト!
  • とことんシンプルに!

の3点がポイントです!!!

はじめに

本日は宮崎直人さんの著書、秒で伝わる文章術を要約します。

文章力を高めたい方、必見です!!

秒で伝わる文章術があなたに届けるメリット

読めばあなたの文章力を高めること間違いなしです!!

特に、

  • ビジネスの現場、就職活動など実戦の中で求められる本当に役立つ文章術が学べます。
  • ささっと読めるにも関わらず、ビジネスシーンにおける文章力向上に関する学びを深くゲットできます。

といった学びを得られること間違いなしです!

秒で伝わる文章術を読むべき人

  • ビジネスシーンで文章を使って、相手に伝えることが苦手な人
  • 文章力向上の本を過去に読んだが、難しくて挫折したことがある人
  • 文章力向上の本を読んだことがなくて、1冊目をどれにしようか悩んでいる人
  • 駆け出しWebライターの方

こういう人はぜひ、本書を手に取ってください!

どちらかというと初学者向けの本です!

初めて文章を向き合ってみようと思った方は、文章力を高めるきっかけを、本書で間違いなく掴めます!

秒で伝わる文章を書くための3つのポイント

短い文章にしろ!

文章力が高い状態とは、相手に伝わる文章を常に書ける状態と定義します。

相手に秒で伝わる、文章力の高い、文章を書きたかったら、とにかく短い文章を書きましょう。

  • 文章が苦手
  • 相手にうまく伝わらない
  • 自分は文章力が低い

と、思っている人は、短く文章を書くだけで、格段に文章力は向上します。

実際に、著者も文章を短くしただけでWeb上でのクリック率が大幅に向上したそうです。

人間の脳は文字を読むのに適していない

人間の脳はそもそも文章を読むのに適していません。

なぜなら、人類が誕生してからという視点で考えると理解が進みます。

文章を読むようになった時間は人類の歴史の中ではまだまだ短いんです。

その間に人間の脳が大きく進化したといったことは起きていません。

私たち人類にとって、文章を読むことはまだまだ新しいことなんです。

ましてやデジタルツールで文章を読むなんて。。。

新しすぎて脳の進化が追いついてきていません。

人間にとって、文章を読むことは慣れないことです。

なので、不慣れなことをお願いする。

この意識を持って、文章を短くすることを心がけましょう。

そうするだけで、あなたの文章力は劇的に向上します。

読み手ファースト

秒で伝わる、文章力の高い文章を書くには、読み手のことを第一に考える必要があります。

具体的には7つのルールがあります。

読み手ファーストな文章の書き方のルール①見た目が9割

改行・行間・段落分けを上手く使って余白をつくり、読みやすい見た目に整えましょう。

間違っても、文字がすし詰めされているような状態はNGです。

また、見やすくしようとして、余計な装飾をつけるのもNGです。

基本的には普通と強調の2パターンで問題ないです。

強調もマーカーがインパクトがあって、見やすいのでおすすめです。

読み手ファーストな文章の書き方のルール②箇条書き

箇条書きは文字を減らせますし、見やすさも向上します。

秒で伝わる文章術ではよく使われます。

あなたが書く文章でもぜひ、どんどん使っていきましょう。

著者の経験上、箇条書きで書いたSNSの投稿が最もフォロワーを獲得できたそうです。

読み手ファーストな文章の書き方のルール③ひらがな7割・漢字3割

指示語とか述語の尊敬語や謙譲語など、理解において不要な漢字はひらがなにしましょう。

読み手ファーストな文章の書き方のルール④大事なことから先に

文章で最も読まれるのが冒頭です。

なぜなら、人の脳は基本的に文章は疲れるので読みたがりません。

みなさんもご経験上、わかると思います。

なので、ぜひ、大事なことは冒頭に書いて相手に伝えましょう。

読み手ファーストな文章の書き方のルール⑤リズム命

目でも耳でも、人は脳で受け取った言語を処理します。

なので、目でも耳でも最後は脳で処理します。

そうなると、会話のようなリズムある文章の方が頭にすっきり入りやすいです。

文章だからと言って堅苦しく書かず、リズム感ある文章を書きましょう。

リズム感があるか、ないかを確認するためにも一度書いた文章を音読することが有効です。

読み手ファーストな文章の書き方のルール⑥横文字禁止

書き手しかわからないような横文字を使うのはやめましょう。

あくまで読み手の立場にたって、読みやすい文字を使うべきです。

簡単な言葉で表現できるのに、自分の知識などをひけらかすようにあえて横文字を使ったり、難しい言葉を使うのはNGです。

読み手ファーストな文章の書き方のルール⑦一晩寝かせて

書き上げた文章は一晩寝かせましょう。

一晩寝かせることで、客観的に文章を見直すことができます。

書いたばかりの文章は、自分本位の視点を排除しにくいです。

一度、文章と距離をとってから、見直すことが読み手ファーストな文章に近づくためには有効です。

シンプル!シンプル!シンプル

シンプルさこそ、真のエレガンスの鍵。

ガブリエル・ココ・シャネル

シンプルであることは、複雑であることよりもむずかしい。物事をシンプルにするためには、懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ。

スティーブ・ジョブズ(ケン・シーガル「Think Simple」より)

真の思想家はみな、思想をできる限り純粋に、明快に、簡明確実に表現しようと努める。したがってシンプルであることは、いつの時代も真理の特徴であるばかりでなく、天才の特徴でもあった。

アルトゥール・ショーペンハウアー(「著述と文体について」より)

など、シンプルであることを推奨する格言を残す偉人は数多くいます。

文章も同じです!

シンプルな文章は読み手の負担を軽くします。

読み手ファーストを考えるなら、シンプルな文章を心がけましょう。

ポイントは、なにを書かないかを決めること。

書かないことを決めて、なにを伝えたいかを徹底的に絞り込みましょう。

絞り込むことで、トガりができます。

そのトガりが、相手に刺さるんです。

なので、絞ることが、文章力の高い、秒で相手に伝わる文章になるポイントです。

管理人の感想

秒で伝わる文章術は、この本自体が秒で伝わるわかりやすさです。

読み手の負担もかなり少なくスラスラあっという間に読めます。

それでいて、内容もしっかり入ってくる。

実際に著者自身の文章で、本の内容を表現していることを感じます。

そういう意味で、とても説得力がある本です!

文章力を高めたい方はぜひ、手に取ってみてください!

まとめ

見出しテキスト

  • 秒で伝わる文章のポイントは、「短い文章」「読み手ファースト」「とことんシンプルに!」の3点です。
  • 相手に秒で伝わる、文章力の高い、文章を書きたかったら、とにかく短い文章を書きましょう。短く書くだけで格段に相手に伝わるようになります。
  • 読み手ファーストの文章のルールは、①見た目が9割、②箇条書き、③ひらがな7割・漢字3割、④大事なことから先に、⑤リズム命、⑥横文字禁止、⑦一晩寝かせて、の7つです。
  • シンプルな文章を心がけましょう。ポイントは、なにを書かないかを決めて、徹底的に書くことを絞り込むことです。

秒で伝わる文章術は、ご紹介したもの以外にも、泣く泣く記載できなかった内容がたくさんあります。

それも文章力を高めるための、良質な内容です!

気になった方はぜひ手にとってみてください!

たった1650円であなたの人生を変える一冊になるかもしれません!

気になった方はこちらからクリックしてみてください!

-ライティング