スキルUP 勉強法

本要約 科学的根拠に基づく最高の勉強法

こんにちわ、RRです。今回は慶應大学医学部を卒業し、南フロリダ大学で准教授を務めている安川孝介さんが書かれた「科学的根拠に基づく最高の勉強法」を取り上げます。この本は、効果の高い勉強法を教えてくれる一冊です。

https://amzn.to/4bEVn7i

重要ポイント3選

  1. アクティブリコール(積極的な思い出し)
  2. 分散学習(時間を空けた復習)
  3. 連続的再学習(アクティブリコールと分散学習の組み合わせ)

詳細な解説

1. アクティブリコール(積極的な思い出し)

アクティブリコールとは、学んだことを積極的に思い出すことで記憶を強化する方法です。研究によると、ただ繰り返し読むだけではなく、学んだことを思い出してアウトプットする方が、記憶の定着に効果的です。例えば、1時間勉強する際には、20分参考書を読んだ後、10分間何も見ないで学んだことを白紙に書き出すことを繰り返すのが効果的です。声に出して思い出すとさらに効果が高まります。

2. 分散学習(時間を空けた復習)

分散学習は、勉強した内容を一定の間隔を空けて復習する方法です。人間の脳は時間が経つと忘れてしまうため、定期的な復習が重要です。例えば、今日2時間勉強し、1週間後にまた2時間復習するというように、感覚を開けることで記憶の定着が促進されます。エビングハウスの忘却曲線によれば、定期的に復習することで忘却を防ぐことができます。

3. 連続的再学習(アクティブリコールと分散学習の組み合わせ)

連続的再学習とは、アクティブリコールと分散学習を組み合わせた最強の学習法です。例えば、20個の英単語を覚える際に、まず単語を声に出して覚えた後、何も見ずに思い出して書き出します。この作業を1~3回繰り返し、その後1日後や1週間後に同じ作業を繰り返します。この方法によって、長期的な記憶の定着が期待できます。

まとめ

「科学的根拠に基づく最高の勉強法」は、効果的な勉強法を科学的に解説しています。以下のポイントを押さえておきましょう:

  • アクティブリコールで積極的に思い出すことで記憶を強化する。
  • 分散学習で時間を空けて復習し、記憶の定着を促進する。
  • 連続的再学習でアクティブリコールと分散学習を組み合わせて最強の学習法を実践する。

これらを実践することで、あなたの勉強効率が飛躍的に向上するでしょう。次回もお楽しみに!

https://amzn.to/4bEVn7i

-スキルUP, 勉強法