アンチエイジング 健康 収入UP 習慣形成

本要約 80歳でも脳が老化しない人がやっていること 著:西剛志

こんにちわ、RRです。今回は西 剛志さんの『80歳でも脳が老化しない人がやっていること』を紹介します。この本は、年を取っても脳が若々しい人と、老化してしまう人の違いを解説しています。では、さっそく内容を見ていきましょう!

【本を購入するためのリンク】

重要ポイント3選

  1. 今の脳の老化度を一瞬で診断する方法
  2. 老人脳にならない絶対に保つべきマインド3選
  3. 80歳でも脳が老化しない人がやっていること3選

ポイント解説

1. 今の脳の老化度を一瞬で診断する方法

脳の老化は自分では気づきにくいものです。この本では、脳の老化度を簡単に診断する方法として「片足立ち診断法」を紹介しています。目を閉じて片足で30秒以上立てるかどうかで、脳の健康状態をチェックします。30秒以上立てるなら脳はまだ若いですが、30秒未満の場合は老人脳が進んでいる可能性があります。片足立ちの練習は短時間でも効果的で、バランス能力を高めることで転倒防止にも役立ちます。

2. 老人脳にならない絶対に保つべきマインド3選

老人脳にならないためには、次の3つのマインドを保つことが重要です。

  1. 自分は若いと本気で思い込む:実際に脳も体も若くなるという研究結果があります。年齢に関係なく、自分はまだまだ若いんだと信じることが大切です。
  2. いくつになっても欲と生きがいを保とうとする:欲や生きがいは脳の活力を保つために重要です。食欲や性欲、幸福感を求める欲求を持ち続けましょう。
  3. 脳が老化するネガティブな言葉を使わない:ネガティブな言葉は脳に悪影響を与えます。「疲れた」「もう歳だから」などの言葉を使わず、ポジティブな言葉を心がけましょう。

3. 80歳でも脳が老化しない人がやっていること3選

  1. デジタルツールをどんどん活用する:新しいことに挑戦することで脳を活性化させます。SNSやビデオ通話、ネット検索などを積極的に利用しましょう。
  2. 自分は重要な人だと実感できる場を作る:自己重要感を高めるために、人との交流やボランティア活動を行い、自分が誰かの役に立っていると感じることが重要です。
  3. いつまでも働き続ける:仕事を続けることで社会とのつながりを保ち、自己重要感を感じることができます。言語能力を活用する仕事や、他者を助ける仕事が特におすすめです。

RRの個人的見解

この本を読んで、自分はまだまだ若いんだと本気で信じることが脳の健康にとって重要だと改めて感じました。年齢に関係なく、新しいことに挑戦し続け、ポジティブなマインドセットを持つことが大切ですね。

まとめ

脳の老化を防ぐためには、自分のマインドセットや日常の習慣が重要です。若々しい脳を保つために、片足立ち診断法で脳の健康をチェックし、ポジティブなマインドセットを持ち、デジタルツールを積極的に活用しましょう。そして、自分が誰かにとって重要な存在であると感じながら、いつまでも働き続けることが、脳の老化を防ぐ秘訣です。

【本を購入するためのリンク】

-アンチエイジング, 健康, 収入UP, 習慣形成